ベタホ信者の弾いてもいいですか?

ベターホームで習ったことの復習を始め、ベターホームの本の料理も作っていきます。そして、ピアノはヤマハグレード5級を目指す。Apple好きな日々。

【ベターホーム】やさしい焼き菓子〜1月スコーンとグラノーラ〜習ってきた

先生が他のグラノーラは食べる気しない的なこと言ってたけど、ホントにその通りだったし、コクのあるスコーンを初めて食べた。

こんばんは、のりおです。

今日で3連続の【ベターホーム】通いです。

我ながら、ベタホ信者を名乗るだけありますね(笑)

 

さて今日は純粋に、“やさしい焼き菓子コース”1月です。

 

スコーン

f:id:noriopiano:20200116170701j:plain

先生のお手本1

ついに、ついに、待ちに待った1月のメニューです。

この1月のメニューを習いたくて、“やさしい焼き菓子”の受講を決めたほどよ。

まずは絶対作れるようになりたかった〝スコーン〟。

このスコーンは生クリームを使ってます。

全量牛乳でもオッケーらしいけど、このコクはなくなるんだろうな〜、と思う。

 

教室入るとすぐ先生の立派な層が出てる〝スコーン〟が登場!!

惚れ惚れするほどの層が出てるわ💕ワクワク感が止まらなくなってくるよ♫

 

まずは根気のいるあの作業から開始。

バターと薄力粉の粉チーズ化ね💧

ここでしっかりポソポソ状態にすることでキレイに焼き上がるらしいから、頑張りどころね。

そして案外上手くいかなかったのは、冷やす直前のの正方形にまとめるとこ。

しっかり高さをキープしておかないと、膨らまないよ。

 

わたしのスコーン

f:id:noriopiano:20200116172059j:plain

ほらー、高さを出せなかった〝スコーン〟

 

全部で4個。

f:id:noriopiano:20200116172149j:plain

 

かろうじて、1個だけ高さが出たかな。

f:id:noriopiano:20200116172213j:plain

原因は成形ね。

「重ねて切る」を4,5回繰り返したあと、広げすぎないのがポイントだと思うの。

復習するときは気をつけるわ。

 

グラノーラ

f:id:noriopiano:20200116172421j:plain

先生のお手本2

わたし、ドライフルーツとナッツ類が大好物!!

毎朝食べても飽きないであろうグラノーラを手作りできるなんて!!

心底うれしいわ♫

ドライフルーツ入りの市販のグラノーラって、残念な感じよね。

ドライフルーツってこれだけ??って思っちゃう。

これからはこの激ウマ〝グラノーラ〟を自分で作ることにするわ。

〝ベーグル〟〝こしあん〟あたりの復習が定番だったけど、これからはグラノーラね。

すごい勢いで作りそうだわ。

すでにオートミール買ってきたし。

この〝グラノーラ〟の贈り物はきっとサイコーだと思うの。

 

季節のジャム

f:id:noriopiano:20200116173215j:plain

先生のお手本3

実はあまり期待してなかったけど、目からウロコの〝季節のジャム(イチゴ)〟。

ジャムは保存食だし、作ったことあるし、って思ってたの。

でも今日習ったのは、ごく少量で保存できないジャムだった。

 

「そうなのよ、こういうの、こういうのを習いたかったのよ。」

 

って思ったことが声に出そうになったわ。

分量は4人分でイチゴ4個くらいかな?

保存食で作るジャムじゃないから、砂糖も少量ですぐできる。

一度ジャムを作ると、保存ビンに入れてず〜っと冷蔵庫に入ったままになるじゃん。

たくさん作っても飽きるし。

邪魔だし。

かといって、ジャムを買うのもな〜って思うじゃん。

それがこのジャムの作り方を教えてもらって、全て解消されたわ。

果物はなんでも良いから、傷みそうなものをピックアップしてすぐ作れる。

なんか、カンドーしたわ。

保存がきかないっていっても、2、3日はもつしね。

〝スコーン〟を作るとき、このジャムの量はとってもいいね。

ちなみに写真右側は生クリームです。

 

今回も実に有意義な“やさしい焼き菓子”の時間でした。

 

今日はこの辺で。

また明日👋